体調不良

| トラックバック(0)

朝起きたときから具合が悪い。昨夜は早く布団に入り、月曜の1限だけは空けている(授業を履修していない)ので9時半に布団から這いずりだせばいいだけだ。でも、起き上がれない。結局、2限は欠席し午後から学校へ行く事にした。

3限から授業に出席するが、どうも身体がだるくてならない。冷えない格好をしてきたが、鼻水は止まらない。今にして思えば、昨日風呂から上がったときに夏の時と同じ格好をして、ずいぶんと身体を冷やしてしまっていたに違いない。先週は半ば頃まで雨が降って気温もそこまで下がらなかったようだが、もう風呂上りといえどもTシャツ短パンでいられる季節ではないのだ。

大事をとって、今日のバイトのシフトを木曜日に変更してもらい、早めにウチに引き上げる事にした。帰りにセブンイレブンでおでんを買って身体を温め、押入れから毛布を出して羽毛布団の下に挟んだ。これでよし。しっかりと睡眠をとってだるさは消えたが、おそらくまだ身体は弱っている状態だろう。眠れず深夜にキーボードを打つが、早く布団に身体を押し込んでおかなくてはならない。

おそらく今回の体調不良は季節の変化から来るものだろう。疲れによるそれではない。確かに、先月末から大学が始まって3週間が過ぎたが、ずいぶんと忙しい日々だった。火曜日から金曜日は1限から授業があるので8時過ぎには家を出ないといけない。3日は5限までみっちり授業を登録しているので18時前になってやっと学校を去れる。月曜と水曜は4限までだが、その後すぐにバイトを入れているのでウチに帰るのは21時半になる。金曜日だけは5限後に部活(ESS)にも参加しているので、この日も帰りは22時近くになる事がある。

今期の目標はこれらの授業全てでAを取る事である。アメリカにいた頃から無駄な時間を英語や資格の勉強、ウェブサイトの発展、アルバイトなどに費やす事を考えていたが事実上時間がない。というのは、実質大学2年生であるが、学籍上は休学していた一年間が加算されて3年生である。ただ、取得単位不足で来年4年にはなれないということだ。したがって、この後期は3年生でなければ履修登録できない授業も受ける事が出来るのだ。今のうちに頑張っておこうと授業を登録していたら、こんなにも忙しい日々に追いやられてしまったのだ。

将来(社会に出てある程度働いた後)、大学院でアメリカには戻りたいと考えているので、Aが多いに越した事はない。むしろ、Aでなくてならない。ある本によると、近年アメリカの大学は日本の大学のレベルの低さ(日本の大学生は勉強をしないということ)を認識し始めているので、例えば授業料免除付きの大学院入学資格を得られる日本人は出願者を審査する教授会に日本人の教授が加わって初めて1人の合格者を出す事が出来たという。その為、Aを取る事は最低必要限のことだと思うし、だんだん専門的な分野の勉強も増えてきて面白く感じてきたところなので頑張っていきたい。

ただ、授業は全くのナンセンスだ。日本人は人前で話をするということが全く出来ないないのだという事を痛感した。アメリカでスピーチのクラス(5つものスピーチをやらされた!評価もかなり厳しい!)を取ったが、その中で指導されたパブリックスピーカーの心得を全く実行できていない。むしろやってはいけない例をわざわざ見せてもらっているような感じだ。とりあえず、教科書を早め早めによく読んで自分のペースで勉強していこう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://shigephilo.heteml.jp/mt/mt-tb.cgi/291

ご案内

月別 アーカイブ

ブログパーツ