2006年5月アーカイブ

PCが遅い...

| トラックバック(0)
ベーコンエッグこの週末は早寝早起きでブログ作成に精を出してました。
ちゃんと朝食を取りつつ(写真)、忙しい理想の生活。

今日は今日で、研究室のゼミと、研究会。
研究会は自然言語処理の研究会と人工知能の研究会。

ドクターの先輩が時間を割いて開いてくださってます。
各分野の概要をつかもうということで、ためになる。

ゼミのほうは前回の発表からもう3週間が経ってしまい、
次回の発表を来週の木曜日に控えています。

あー、レジュメの構想が沸かない(><)

最近はブログの方はっかりやっていたので、
当分は研究の方にも精を出していかないと。

ということで、今日は帰宅してから「研究の日」に。

私の研究テーマはというと「プレスリリースの分かりやすさ」です。
自然言語処理の手法を使って、読み込んだプレスリリースを
分かりやすくするにはどうすればいいか返します。
(なぜこのテーマにしたかはそのうち書きます)

そういうわけで、日経プレスリリースから過去半年の記事をDL。

その数、1万5千!

いいかげん一つ一つ読んでいくのが大変なので、Perlで一度にファイル名を変更したり、JavaScriptで1つのHTML文書からiframeタグの中に順番に呼び出していけるようにしました。。

リネームとファイル移動が遅ぇ...

さすがに1つのフォルダに1万5千ファイルも入れておくと
開けるのすら大変なので月ごとにフォルダ分け。

PCが遅いせいでやっと使いやすい状態にできた。
JavaScriptの文法を忘れて、時間を取られていたというのもあるのですが。

役に立ちそうな論文も大学でコピーしてきたのに、読む時間なし。

発表がグダグダだったらPCのせいだ!

ハリー

| トラックバック(0)
飛行機の模型 コックピット 道路

先週は、水曜に『ハリーポッターとなぞのプリンス』が発売され(4日で読んだ)、木曜は空港見学会と内々定者懇親会があり(ドラマ「アテンション・プリー ズ」の撮影場所などいろいろ行けた→写真)、日曜はディベートの練習で朝から夜まで4ラウンドを行ったわけです(初ディベで3ラウンドやった)。 Plus,英語のサイトを構築中で、オリジナルなサイトにするために怒涛のカスタマイズ。

そんなわけでバトンをスルーして、ごめんなさい>アキラ

ハリーポッターはいつも通りな感じでよかったです。ハラハラドキドキ。けっこう暗めの話になってきてますが、「あーハリーポッターだな」って思えるシーンいくつかありました。また、最後のシーンではかなり大きな衝撃があって、次回の最終巻がすでに楽しみです。

確か、第1巻を買ったのは高校生の頃で、琴電(琴平電鉄)瓦町駅前の書店(あの本屋さんですよ)で本を手にしたのを覚えています。知らない人のた めに、ハリーポッターシリーズは11歳になったハリーが魔法学校ホグワーツに入学してから卒業するまでの1年1年を1巻ごとに綴ったシリーズです。7巻が 出る頃は社会人だなーとか、1巻を読んだのは相当昔だったなーとか、くだらないことを思いながら読んでましたよ。

あと、今回はヴォルデモートという悪の帝王の幼い頃の話が出てきました。彼は孤児なんですね。子供の頃に負った傷であったり身に付いた志向性のよ うなものは変わらないのかな、とちょっと悲しくなりました。就活が終わったりして状況が相当変わりましたが、常に忙しく、ときたまポカーンと昔を振り返れ るような状況を作っていきたいです。

shigephilo新聞

| トラックバック(0)
カ  カ リ カ *さんの所から失敬してきました☆
http://www.p-apple.net/anata/

***************************
評論家shigephilo
"一言評論"で人気のshigephiloが、都内の書店でサイン会を行った。
shigephiloは以前、ラスベガスでの世界マジック大会の審査員を勤めた際、「っていうか、こんなの手品じゃん」と言い放った猛者。「自分イズム」、「イズムis自分」などという飲み屋での会話並の論理で、特異なキャラクターを確立している。
この日のサイン会で、shigephiloはファンの一人一人にコメントを書き添えるというサービスをした。しかし、その内容は「人生だもの、 shigephilo」や、ネコが行方不明という女性に対しての「行方不明だからネコなの。居場所が分かったら犬でしょ」などというものばかり。 shigephiloは持参した"麦茶"を飲んでは上機嫌だった。


shigephilo発、アルマジロの新たな使い道
最近、アルマジロが一部の若者の間で流行っている。
彼ら"マジロー"はアルマジロをファッションに取り入れており、アルマジロを肩に乗せたり腕に巻きつけたりすることが、格好いいとされている。こ の流行の仕掛け人shigephiloは、「こうなることは最初から分かっていた」と述べた。なぜアルマジロなのかについては、鍵がじゃまなのでアルマジ ロの口に入れておけばすっきりするとのこと。しかし、アルマジロが鍵を間違って飲み込んだり、鍵が唾液でベタベタするなどといった、不便な点もあると述べ た。また、騒音に驚いて、くるくると丸まってしまうこともあるという。
このようなことも、shigephiloに言わせると「むしろ転がせるので良い」ということ。


shigephilo、ついにミクロネシア進出
昨年末、シングル「shigephiloが止まらない」で爆発的ヒットを果たした人気歌手shigephilo。
shigephiloの躍進はとどまるところを知らない。所属事務所によると、大成功をおさめた今年1月のチベットツアーに続き、今度はミクロネシアツアーを行うとのこと。
shigephiloの人気は赤道直下の島国トンガでも高く、ツアーに先立ち「shigephiloが止まらない」(スワヒリ語バージョン)もリリースされる予定。
しかし、一部関係者からは、MCを一切いれずに、シングル1曲を2時間も繰り返し歌い続けるコンサートを、疑問視する声も聞かれ、今後プロモーターとの間に歪が生じるのでは?との見方もある。
shigephiloは自信のキャッチコピーでもある「いつまでも、あると思うな、人気と仕事」を地で行くのか、それとも、批判の声とは裏腹に、この人気が永遠に続くのか、いずれにせよ、今はshigephiloが止まらない。(県広報係記者)
***************************

よくもまぁ、想像力が働く人だなぁ(笑)

憧れ

| トラックバック(0)
1.リヴァー・フェニックス
ケータイの機種変をやった関係で色々とサイトを訪問。
着信音やら画像を見てまして、とりあえず待ち受けは
24のエリシャ・カスバートにしました☆

そこでキーファー・サザーランドの金髪の画像発見!!
(こんな感じ→http://2103web.livedoor.biz/8305d9c5.jpg

こいつは...Stand By Meのキース役じゃねぇかっ!
ここであったが100年目...

そういえば淀川長治さんが映画の解説でエース役の俳優についてもなんか言ってた気がします。
長い名前で覚えられなかった(笑)
ってかリヴァーファンなのでチョイ役はどうでもよかった(笑)

いやーまさかあれがキーファーだったとは!
24のシーズンⅢまで全部見ましたけど全然気づかなかったわぁ

Stand By Meを初めて見てから多分10年くらい経つけど、こんなに時間が経って憧れのリヴァーに関係する人と再会(?)できて驚きです。

こんな使いづらいケータイに変えたカイがあった?笑


2.NYC
って何の略でしょうか?

答え→New York City

行きたいっ!!

将来的にアメリカで修士号を取ることを考えて、担当の先生に今日相談したら、

私:「卒業研究でも英語の文献調査をやってみたいので、2週間くらいゼミを休んでアメリカ行っていいです?」
  「卒論も英語で書いてみたいのですがいいですか?」

先生:「いいんじゃない」

1つ返事でオッケーがでました!!
素晴らしい先生です☆

といっても金銭的には全くメドが立たないわけで。。
英語の文献調査と行ってもある意味口実的な要素もあるわけで。。

前に、(ニューヨークの)マンハッタンで3ヶ月一人で生活したという女の子に会ったことがありました。詳しくは聞かなかったけど、観光ビザの期限が最長3ヶ月なので、期限ギリギリでアパート借りて暮らしてたみたいです。


ニューヨーク...


マンハッタン...


摩天楼...


憧れますよねぇぇ

実はニューヨーク州立図書館の州外者向けの貸し出しカードを持ってまして、これで本も借りられるんですよ、現地まで行けば(現地まで行かなくて も、IDで図書館内のデータベースを使えるという素晴らしいカードです!)。だからせっかく英語に強みがあるので、幅広い研究をやってみたい訳です。ユー スホステルにでも宿を取りながら。

あと、以前マンハッタンに行ったときは、自由の女神やらエンパイヤーステートビルやらメトロポリタン博物館やら観光名所を訪れてばっかりだったので、憧れのNYCに腰を落ち着けて、ニューヨーカー気分を味わってみたい♪

クレジットカードの6回払いとかにすればなんとかなるかなぁ(><)

まずはバイトでも探します!w

Back to Chiba

| トラックバック(0)
PCの内側 携帯電話SS804オレンジ

1.千葉
土曜に帰ってきた.

実は香川に帰って風邪を引いてしまいまして,いまだに完治せず.
多分,気候が色々と変わってしまったせいだと思うんだけど,
またこっちにきて変わったし,雨で気温が下がったり,大変.

でも,香川で過ごした1週間は楽しく,いいバカンスでした.
バカンスというにはしょぼいけど,久々に何もすることなく過ごした.

前回帰った年末は,就活を始めたところで忙しかったし,
その前も何かあって忙しくしていた気がする.

香川最高☆

2.ゼミ発表
帰ってきてすぐの月曜にゼミ発表.
本当はこの準備で実家でも遊んでいる暇はなかったんです.
でも,とりあえず第1回目の発表だったので,「自分がどういうことを研究したいのか」を発表すればオッケー.

香川で調べた本も全部は読めなかったけど,やりたいテーマに対して「このくらいの見通しで」やろうと思っていますという用意はして行けた.先生も「やってみると面白いかもね」とゴーサインをもらったので,一ヵ月後の第2回の発表には更に詳しい内容を発表したい.

やるぞぉー!!

3.買い物
部屋の片づけをしつつ,色々と新しいものを入れてみました.

まず,USB2.0への拡張とUSBハブの購入.

実は,意外に思われるみたいですが,PCの中身って開けた事ありませんでした.

前に某S石にこの話をしたら「えっ,○○さんってガンガンそういうことやってるって思ってました」って言われた↓

ガンガンってどういうことだよ!笑

まぁ,大学が大学だし,専攻も情報科学なモンですので...

とにかく,今日は初体験(写真左)

空いてるPCIのところに買ってきたものを差し込むだけ楽チンだった♪
このおかげでUSBで早い転送がやっとできるよ!!

あと,ハブも買ってきたので,PCの位置を机の下に動かして,机の裏から机の上へ配線をはわすように変更.
ずいぶんとデスク周辺がすっきりしたわ☆

ハブはオレンジのものを入手(写真右)
実は昨日ケータイの機種変もしたので色をそろえてみました~

その他色々と模様替えを実行中.
なにか新しいことが始まりそうでわくわくしてます☆

お城祭り

| トラックバック(0)
丸亀城 サスケ2

今日は丸亀市のお城祭りへ行ってきました。

丸亀市は母の実家があるところで、子供のころからよく行ってました。
この丸亀城跡には子供向けの遊具があって何度も遊んだ記憶があります。

今回は久々に訪れたということで懐かしい感覚がよみがえってきました。
城内を一周したのですが、見覚えのあるものやないものが
当時は考えもしなかった地図の中でつながっていきました。
こういった形で子供のころの記憶を辿るのは面白いですね。

午後からは県立図書館へ行って文献ゲット!
関心のあるテーマに関する本やその周辺の本が見つかって満足です。
やっぱり論文集を読んだりネットを検索するだけでなく、
図書館に足を運んでみるのも重要な情報収集の方法だと思った。

とりあえず、自分の中で方向性は決まっているので、
どういうやり方で研究を進めていくかを発表までに検討したい。

ニート

| トラックバック(0)
今朝9時に起きたら両親は仕事に行った後だったわけで。
この春から郵便局に勤めだした弟もすぐに出勤したわけで。
車もなく、家に一人置いていかれてしまったわけで。


限りなくニートに近い感覚を覚えましたw


本当は県立図書館へ行って文献を探そうと思っていたのに、
弟が車を出してしまったので、一日ずっとウチでした。

今日は、昨日の『考える技術』を読破して、24を見てました。

『考える技術』の方は、なかなか実りある考え方に触れることができた。著者は原子力学者から経営コンサルタントに転身しており、科学的アプローチ が経営問題解決にも十分役に立つようです。経営コンサルなんてなるべくしてなるものでもないなという気がしてきた。結局は眼前の問題を周囲を巻き込んで解 決していくことができるかどうかが重要。あくまでスキルの一つとしてコンサルタントの手法を社会人活動に生かしていけたらなと思う。

そういうわけで、大前節は当分いいかな。実際に仕事を始めてから、こういうビジネスに関しての本を読んでみたい。そして、もうちょっと論理といっ たところではなく、人間の情緒性ということも考慮に入れて研究に取り組んでいきたい。非常に合理性を追求する人で、「それだけじゃないだろ」とついつい 言ってしまいたくなる。

24の方は、やっとシーズンⅢの前半(12時間)を見終えた。TSUTAYAで借りてまで見ようと思わないね、こんな長いシーズン。地元だと一本95円なので、千葉に帰るまでに残りのシーズンⅢ全部見ます!

日記

| トラックバック(0)
かまたま(讃岐うどん)帰省してかなりゆっくり過ごしてます。
来週のゼミ発表大丈夫かなぁ(><)

1.香川
こっちに着いたときから薄々感じてたけど...暑い!
今日の最高気温31℃って、初夏どころの騒ぎじゃねぇし

車運転してると腕がだんだん暑くなってきますねー

暑いのはいやだいやだと思いつつ、このくらい暑くならないと
夏が来た気がしないのはやっぱり香川人だから?


2.読書
2-1.『社会学入門―人間と社会の未来』(見田宗介,岩波新書,2006)
学問的な理由というよりは私的な理由でこの著者に関心を持ったんですが、学者としてというより人間としてこの著者が好きですね。

今回の本自体はタイトル通り社会学の入門者向けです。
その分、わかりやすく書かれているし、前著の『現代社会の理論―情報化・消費化社会の現在と未来』』(岩波新書,1996)を一般教養の授業で読んでいたことがあって、読みやすい本だった。

いくつか感動した点があるのだけど、まず序論の「ほんとうに大切な問題」。自分がほんとうに興味がある問題に取り組んでこそ「魂のある仕事」がで きるという考えが非常に説得力のあるものだった。当たり前のことといえばそうだんだけど、こういう大家の学者さんがいう言葉には説得力がある。そういうこ とを積み上げてきた人だからね。これから研究を始めるに当たって、「研究としてまとまるかどうか」ということなんて考えちゃダメだなと思った。

研究テーマとしては自然言語処理を選ぶと思うんだけど、特に、コミュニケーション手段としての言語という観点で研究に取り組んでみたい。言語学関連の文献も調査して、「ほんとうに大切な問題」に没頭してみたい。

他に感動したことは、著者の旅行暦。インドとボリビア訪問がコラムとして載っていて、面白い話です!旅行好きの人はここだけでも書店で目を通してみてもいいのでは。

あと、専攻が情報科学ということで、ミクロに情報科学を学んでいる訳なんですが、情報社会というものをマクロな視点で分析している文献を読むとちょっと感動しますね。

2-2.岡崎玲子
2-1の著者は確か『現代社会の理論』で、5、6年のタームでこういった研究をまとめた本を出したいと書いていた気がするんですが、生協で上記の 本を見つけたときは「ついに次作を出したか」という新鮮な驚きがありました。あの驚きは、同じく生協で、『チョムスキー、民意と人権を語る―レイコ突撃イ ンタビュー』(ノーム チョムスキー,集英社新書,2005)という本を見つけた以来の驚きでした。

知ってますか、この人?

個人的にファンなんです。ちょうど先日書店に立ち寄ったら、地元の高校の指定参考書に岡崎さんの『9・11ジェネレーション―米国留学中の女子高 生が学んだ「戦争」』(集英社新書,2004)が指定されていてちょっと嬉しかったです。確か、同い年。岡崎さんの次作も心から待ちわびてます☆

2-3.大前研一
超有名経営コンサルタントの人です。就活中には、『ザ・プロフェッショナル』(ダイヤモンド社,2005)という本を読み、これからの社会人としての姿勢を学びました。かなり参考なる著作を世に出していると思う。

先日も、大前さんの本を読みたいと思いつつも、気分的に軽い本がよかったので、古本屋で初エッセイ本『遊び心』(新潮文庫,1991)を購入。さ すがマッキンゼー本社の元幹部、道楽の仕方が半端ないっす(笑)。ちょっと庶民的な感覚と乖離するんじゃないかと思う部分もあり、大きな感動はありません でした。なるほどと思ったのが、経営コンサルタントなんかをやってる人は日常生活でも常に合理化・効率化を考えているということ。ここまでいくと「無駄が 嫌いなんだ」と妙に納得。

現在は、『考える技術』(講談社,2004)を読み始めたところで、研究の仕方などにヒントを得たい。

ご案内

月別 アーカイブ

ブログパーツ