2006年9月アーカイブ

復活

| トラックバック(0)
昨日の夜、やっと実家からノートPCが届いたっ!
合宿の期間も含めると、10日以上もアパートでネットができなかった。

やっぱりネットがないと生活できないことを実感。

家賃の振り込みなんかもネットでやっているのだけど、
昼間、銀行のATMまで行くと長蛇の列。

あと、ちょっとした調べものをするのにも、ネットがないと不便。
料理を作りたかったり、上野のダリ回顧展いいな~と思っても、
ネットでレシピやHPをちょこちょこっと調べるのができない。

ただ、このPC、動作が遅いので研究のためのデータ処理には不向き。
家でプログラムを組んで、研究室で実行というサイクルになりそう。

なにはともあれ、学校も始まって日常が始まりつつあります。
これまでのツケを返すために研究に没頭していかなくてはなりません。

そんな決意を新たにした昨夜、ケータイが突然鳴り出しました。

一度目はお風呂で出られず。
かけ直すが通話中。
時間を空けようとPCをいじいじしていると二度目のコール。

"Hello."

いい度胸だ、俺に英語で電話をかけてくるとは。

何のコントか分からんけど、3分くらい英語で話す。

珍しく1時間くらい話をして、近況やらニューヨークでの
ことを色々と語り合う。

そして、つい

「じゃ、この12月、ニューヨーク行こっか」

の口車に乗ってしまう。

まぁ、具体的なことは何も決めてない。

だけど、英語を話したり外国の話をしていると、
本当に海外へ行きたくなってきてしまった。

ニューヨークだし、飛行機代・宿泊代・滞在費こみこみで10万くらいだろう。
1ヶ月3万くらいづつ頑張って貯めれば何とかなる。

行くのは簡単。

問題は、12月にニューヨークへ行く自分を許せるかどうか。

それまでにどれほどの研究成果をあげることができるのか。

正念場です。

まさに、ジェームス・ディーンの

    "Dream as if you'll live forever,
        live as if you'll die today."

の心境で次の2ヶ月を過ごしていきます。

満喫から更新

| トラックバック(0)
今日はshyboiさんとヨーロッパ談義。

初の一人旅ということで色々伝授しておきました。

いい旅になるように祈ってます☆


やはり、「初めて」っていうのは恐怖心が伴うけど、
それを乗り越えて、あふれ出てくる好奇心や
すべて終わった後の達成感は、なにものにも変えがたい。

旅に限らず、色んなものに挑戦して、珠玉の経験を積み重ねていく人生。

そういう風に生きていきたいもんです。

学校から更新

| トラックバック(0)
明日から後期授業の開始。
学校自体は火曜から通い始めているけど、
廊下やら生協やらが混むと思うと憂鬱です。

今のところ、研究室目的のはずが、ずっとコンピュータ室でプログラミング。

だって、鍵が開いてねぇ↓

先週きたときは助手の先生がいたんですが...

とにかくPerlのお勉強です。
スキルアップのため、ちょっとしたプログラムを作ってみました。

http://www.shigephilo.com/album/

ヨーロッパの写真です。
900枚くらいあるので気をつけて。

まぁ、見た目的にはニューヨークのときを変わらないのですが、
キーを元にXML文書からデータを取り出す感じで作ってみました。

ほんとはコメントも表示できます。
でも、元になる文章を書いてないので表示されません。

おいおい完成させていきますわー

さて、修理に出していたPCの修理費見積もりの連絡がきました。



そのお値段、



マザーボードと、



HDD両方の修理で、



8万円近くかかるとか!!!!!



アリエナイネー



ヨーロッパ旅行に大金を使ったから、
金銭感覚が麻痺しているとでも思っているんでしょうか。

無愛想な対応も癇に障ったし。

でも、幸いなことに、実家のノートPCを使わせてもらえそうです。
よかった、ミクシィ見るために学校や漫画喫茶に通うようにならなくてw


とりあえず、ノートが届くまでは、暇な夜が続きそう。
ネットができなくて病みそうです。

ちなみに、映画を借りたりしてますが、はずれが多くて凹む。

先日見た「ロード・オブ・ウォー」も期待はずれでした。
武器商人である主人公の生き様を描きたいならもっとテンポは遅いほうがいいのでは。全体的に淡々としすぎている割りに、最後も盛り上がりに欠ける。

インターポールの刑事が出てきたので、「キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン」みたいな感じで発展していくのか、つまり、主人公が逮捕されてしま うのか・警察の網をいかに頭を使ってかいくぐっていくのか、という展開かと思いきや、そうでもなく。戦争を絡めている割に、リアルさを欠けて、非常に中途 半端な映画という印象でした。

はずれが続くと新しい映画を見る気がちょっとなくなりますね。

前に見たいい映画をまた見たいなーと思いつつも、「ボーン・アイデンティティ」を見るなら2作連続で見たいし、「アビエーター」ならハワード・ ヒューズについて勉強してから見るほうがもっと面白くなるんじゃない?と思ったり、いつも30分くらいTSUTAYAをうろちょろしてますw

いい映画に当たりますように!!

帰宅~

| トラックバック(0)
白樺湖から帰ってきました!

寒かったわ~
半袖しか持って行ってなくてマジ失敗。

ハイキング中には雨まで降ってきたし。
その代わり、早めに乗合バスに乗って温泉へ。

ゆったり温泉を満喫し、宴会も楽しんで来ました。

これで本当に夏休みは終わり。

明日から研究室へ、とちょっと急なスケジュールに戸惑うけど、
明日は休日らしく明後日からでオッケー。

神様がくれた休日。
しっかりと休養します。

そしてPCもちゃんと修理に出して診断してもらうことにしました。
もう5年目に突入。

その割りに、結構働いてきてくれました。

保障期間が完全に切れてしまっているので、場合によっては、
バイバイしなくてはいけない。

かといって、新しいPCを買う余裕もなく、
ネットも解約して研究室に通いつめる生活に切り替えるかも。

不純な動機ながら研究は進みそうw

修理費が高くならないことを祈りつつ、
この後PCを取りに来てもらうのを待ちます(><)

5回目

| トラックバック(0)
千葉に戻ってから5回目のリカバリを実行...
Windowsが起動してくれません(><)

まぁ、リカバリする度に色々なソフトを入れているせいで、
どこかに不具合が出ている様子。

HDDがやばいのかなと思い、付属の検査ソフトを動かしたり、
領域を設定しなおしてリカバリするが、無理。

とりあえず、何もソフトを入れなければ普通に使えるので、
明日からの合宿のメールを確認しなくてはー。

というわけで、明日からは白樺湖です。

今度は研究室のメンバーとのゼミ合宿ですが、
ここ2ヶ月半くらいまともにアパートで過ごしてる気がしません。

それでも、せっかくの長野なのでまったり楽しんできます☆

転ばぬ先の杖

| トラックバック(0)
060912_1_doll.jpg 060912_2_firework.jpg 060912_3_firework.jpg

日記が消えたーーーーーー!

使い勝手悪いぞ、ミクシィ!!!!

まぁ、ほとんど愚痴ばっかりだったんですが。

とりあえず、画像を再編集してアップします。

【写真】
左:岡山駅の広告。東京駅にも東京理科大学バージョンができんかなぁ~
中:土曜に大阪で花火をやって、千葉に帰る。ビバ、夏ッ!
右:淀川対岸から見た梅田周辺。ニューヨークみたいで感動~☆

イルマーレ

| トラックバック(0)
イルマーレの前に、昨日のルパンは一体なんだったんでしょう。
思いのほかストーリーがうすっぺらくて憤慨を禁じえません。

この監督が何を描きたかったのか全く分からん。
モンキーパンチの原作読んだことあるのでしょうか。

ロマンもなにも感じられなかったなぁ~
最初の5分くらいで大体ストーリー分かったし。

まぁ、ストーリーが分かっても観れる長編はあるんですが、今回のは無理。
来年は、カリオストロを超える作品を期待。


さて、先日、韓国版イルマーレをビデオで観ました。

一言で言うと映像が綺麗。
韓国映画にしては流れがスムーズだったような気がします。

エンディングはちょっと納得がいかなかったけど、
海の映像なんかが本当に綺麗だったので、
ピクチャーブックを買うようなつもりでDVDを買ってみようかな。

ただ、料理のシーンが調子に乗りすぎ。
他のシーンとマッチしてなかった。
あれは不自然でした。

今月の23日からは米国版イルマーレ(The Lake House)が公開です。
実は、一足先に、ニューヨークで観て来ました☆

韓国版の前にこっちを観たのですが、個人的には韓国版の方が好きです。
映像が綺麗なので。

でも、ストーリーは米国版の方がしっかりしてます。
さすがハリウッド。少々理屈っぽさもありますが。

あと、映像に都会っぽさがどんどん入ってきたのは残念。
設定も海ではなく湖だし。

シカゴ郊外・アメリカということで街の汚さや車社会が合間見えました。
ちなみに、シカゴは建築が有名なので、建築というストーリーの要素をフィーチャーしたかったのでしょう。

ちなみに、主演の2人はスピード以来12年ぶりの共演。
どちらもハリウッドの有名俳優です。

その割には、サンドラ・ブロックの知名度が日本で低い気がします。
個人的には好きな女優さんですが。

男優と違って女優が映画の主人公になることは少ないからでしょうか。
結局、主演男優がいる上での主演女優になってしまう。
あと、ブロックの場合は、スピード以外、大型ハリウッド映画への出演が少ない気がします。

ちなみに、2人ともリバー・フェニックスと共演してます。
(大ファンの俳優。1993年没)

キアヌは「マイ・プライベート・アイダホ」(1991)、
サンドラは「愛と呼ばれるもの」(1993)で。

この2人を見ると、リバーを思い出して懐かしい感じがします。
そして、奇妙な縁を感じます。

日本公開版も見に行こっと♪

広島とUDON

| トラックバック(0)
1.広島
1-1.広島

行ってきました、広島へ。

全国的に100%晴れる的な天気予報だったのに、香川は雨。
なめんなと思いつつも、広島は晴れていることを期待して青春18切符。

瀬戸大橋を渡り、初の岡山-広島間の路線に乗り込んで、走ること約1時間。
やっとお天道様の日差しが見えてきて、ほっと一安心でした。

広島では、

平和記念公園、広島平和記念資料館、原爆ドーム、広島城と
あとは駅周辺のアーケード街などをぶらぶら歩きました。

お昼は広島風お好み焼きです☆
大阪の人には悪いですが、やっぱり

大阪風お好み焼き<広島風お好み焼き

ですね。

そばと卵焼きの食感がいい。
というか、むしろ、

大阪風お好み焼き<広島風お好み焼き<焼きそば

なわけですがf(^_^;;;

さすがにお好み焼き屋なのでお好み焼きを注文。
でも、お好み焼き屋の焼きそばはうまい!!

家族と行くときは自分だけ焼きそばとおにぎり食べてたりします。

広島での滞在は5,6時間しかなった訳ですが、
だいたいの地理が分かってよかったです。

国内でも海外でも、どうやってそこに行けばいいかを知っていると世界が広がった気がします。例えば、バチカンなら「成田からレオナルドダビンチ空 港まで飛行機で飛んで、それからテルミニ駅までイタリア鉄道の電車で行くとこのホームに到着するから、それから地下鉄までこう歩いて1ユーロの乗車券を 買って、この駅まで行ってこっちに歩けばバチカン」みたいなのが頭の中にハッキリと描かれている訳なんです。

そうすると世界が本当に近くに感じられて面白い。

来年からは8月6日の記念式典の映像を見る度に、「あぁ、
あの辺からこの角度で撮っているんだな」っていうのが分かるはず。

ちなみに、広島平和記念資料館は少々期待はずれでした。
というよりも、言ってることがちょっと気に入らなかった。
(ジュネーブの国連ヨーロッパ本部と比べてしまったのもあるかも)

広島で何が起こったのかということを代々継承していくための「資料館」としては素晴らしかったです。「広島ではこういうことが起こりました」「核 爆弾を使うとこんな悲劇を起こしてしまうんです」ということはよく分かった。ただ、それだけを根拠に「核兵器をなくそう」と主張しているのが、少し寂し かった。

そういったことから言えるのは「核兵器を使うのは止そう」ということが精一杯だと感じました。核抑止論を批判した説明もありましたが、その論理が 幼稚で、広島は何をしてきたのでしょうかと問いたくなる内容でした。実際に、広島が核削減に対して対外的に行ってきた実績というのは、核実験がどこかで行 われるたびに抗議文をその国の大使に送ることだと分かっただけでした。

それで本当に核兵器をなくすことができるのかと思いましたが、やはり実際に核兵器撲滅のために行動すべきは私たち自身に他なりません。そういった 意味で、今回、広島で起こったことを勉強できたのはいい機会になりましたし、それを元に自分がどう考えなくてはならないのかということを考え始めるきっか けにもなったと思います。感謝。

1-2.青春18切符

ちょっといやらしい話ですが、広島まで往復8時間。
これでちゃんと元を取れているのか気になったf(^^;;

一応これまでの分も含めて調べてみると、

1回目:\10,960 松戸→坂出
2回目:同上
3回目:\8,720 松戸→大阪
4回目:\7,420 坂出-広島間往復
  計:\38,060

という訳で十分もとを取ってますね。
というか青春18切符ってすごい!

2.UDON

今日は弟と映画「UDON」を観てきました。

劇場は満席で、香川県民大笑い。

監督がご出身の丸亀市は母の実家があるので、
子供のころから連れられて頻繁に行ってました。

宮脇書店丸亀店なんか何度行ったことか!!

上映時間は2時間半と長かったですが、
そのあたりは監督がただ単にうどんの映画にしたくない、
という気持ちからなので納得して観れました。

うどんの映画でいーじゃんという人には長く感じられるでしょう。

ちなみに、香川県出身の俳優勢ぞろい。。。

久しぶりにナンチャンを見ましたw

広島へ

| トラックバック(0)
急遽、明日広島へ行くことを決めました。

日帰りです。
旅の番外編その2です。

青春18切符がまだ2枚残っているので。

まぁ、片道4時間くらいなので、ほとんどなにも見れないでしょう。
広島平和記念資料館が観れたらいいかなぁくらいの気持ちです。

広島へは以前家族旅行で行きました。
宮島だとか資料館へも行ってるはずなんですが、
今回はちょっと大人の視点で広島という街を見てみたいです。

というのも、やはり外国へ行って色んなものを観ていると、
日本に対する関心も心のうちに大きくなってきます。

とりわけ、今の日本の原点はというと第2次世界大戦後という気がします。

その後の高度経済成長、安保闘争、全共闘、オイルショック等々。
こういったうねりの中で今日の日本社会ができてきたように思うのです。
学生のうちにこういったものについて一通りの勉強をしておきたい。

特に、全共闘については個人的に強い関心を寄せています。

まず、高野悦子の『二十歳の原点』。
まさに全共闘というものについて初めて触れた本で、
彼女が大学に入学してから自殺するまでのさまざまな葛藤は、
読んだ当時同い年だった私にとって非常に強い印象でした。

次に、当時、私と同い年だった年代というのは、現在社会の中心的な所にいるはずです。私の父であったり、大学の教授、会社で部長クラスの地位にいる人たちが、どういった学生生活を送っていたのか気になります。つまり、どういう世の中で精神的な自我の確立を果たしたのか。

将来的にはこうやって関心を持ったテーマについてエッセイというかジャーナルを書いていきたいなって思います。

大前研一氏の受け売りですが、本を出すような気持ちで何らかのテーマについてしっかりと勉強していきたい。ただ研究をやっているだけとか、ただ仕事をやっているだけじゃなくて、もっと社会参加につながるような勉強をやっていく訓練・習慣を今のうちにつけておきたい。

大阪観光

| トラックバック(0)
060903_1_meat.jpg 060903_2_sun.jpg 060903_3_osaka.jpg

ヨーロッパを旅して、歩くことの楽しみを覚えた。

とりあえずマップを手に入れて、メインストリートや
観光名所の位置関係を覚える。

そして、とにかく歩き回る。

まぁ、マップはほとんど地球の歩き方を使っていましたが。

そういうわけで、その都市に着く前にマップを繰り返し見ているのですが、実際に歩き回って自分の足がその地図を覚えるのが非常に面白い!!

距離感だとか、景色、歩いている人達の年層・雰囲気など。

地図なんてGoogle Mapで簡単に手に入るけど、
実際にその地図を歩いた経験は何物にも変えがたい。

今回は、香川への帰省前に、大阪の友人宅に2泊して大阪を観光。

実は、これが初!!

大阪にはちょくちょく行ってます。
でも、飲み会だとか、駅周辺でご飯を食べてすぐ香川へ帰るだとか、
人に連れられてお店に行くことがほとんど。

結局、半日くらいしか時間はなかったけど、

大阪天満宮→大阪城→天王寺→新世界(通天閣)→難波→道頓堀→心斎橋

と、15,6kmは歩きました。

いやー、大阪といっても広いです

やっぱりエリアごとに特色があって、
若い人ばっかりのところもあれば、
汚いおっさんが多いところもありました。

これで地理は足で大まかに覚えたので、
次に大阪に行くことがあればピンスポットで
ディープな側面を見てみたいなって思う次第です。

写真:
左→ドイツで食べたシュバイネハクセ!こんなの漫画でしかみたことありません(><)
中→帰りの飛行機から見た空。
右→大阪城

ご案内

月別 アーカイブ

ブログパーツ