2006年10月アーカイブ

卒業旅行

| トラックバック(0)
今日、生協書店で、ヨーロッパ旅行を計画している男3人組に遭遇。
イタリア中心にまわりたいらしく、軽くアドバイスしてやりたくなりました。

おせっかいですね。

そんな彼らの隣で、中国&韓国の旅行ガイドを読み漁ってました。
金銭的にどうなるか分かりませんが、卒業旅行でこの2カ国へ行きたい。

とりあえず貯めたマイルで無料航空券が手に入ります。
あとは現地でなんとか好きなように旅したいなと計画中。

ただ、さすがに陸路で韓国-中国間を移動するわけにはいかないので、
入国の仕方を色々と調べてました。

ソウルまでなら1万5千マイルと中国各都市より5千マイル低いです。
まずはソウル入りして現地で北京IN香港OUTの航空券でも購入しようかと。

韓国人の友達に聞いてみたら、近いし安いので飛行機で行けとアドバイス。
個人的には航路が旅っぽくていいんですが。

実際、今日調べてみても、料金的には驚くほど安いというわけではない。
まぁ、おいおい決めます。

韓国・中国でお勧めの場所があればアドバイスお願いします☆

0円

| トラックバック(0)
この木曜にソフトバンクの新サービスを聞いてきました。

せっかくなんで初日に申し込もうと思ってたんですが、
まぁ、かなり余計な制約が付いていてやめました。

現行維持で。

一番の要因は、この先2年間の自分のニーズが読めないこと。

通話0円、メール0円のゴールドプランに加入するためには、
新スーパーボーナスに加入しなくてはなりません。

そして、新スーパーボーナスに加入するためには、
必ず機種変更をしなくてはなりません。

この機種も0円としてくれるらしいですが、
その為には、変更した機種を2年間使わなくてはなりません。

必ずしも使わなくてはならないというわけではないけれども、
解約金として、残りの月賦を払う必要があります。

つまり、機種の料金を24ヶ月に分割して払う訳なんですが、
その機種を使っている間は、ソフトバンクが毎月月賦を
払っていきますよ、というシステムだと説明を受けました。

それはそれで2年間使えばいいじゃないか、という話ですが、
今欲しいケータイと社会人になってから欲しいケータイは違うはず、
と思い、今回の乗り換えは断念しました。

社会人になるって言っても、もう5ヶ月先ですからね。
その時点で残りの19ヶ月分払わないと新しいの買えないのか、
と思うと損した気分になりそう。

もちろん、解約金の他にも新機種の代金もかかるでしょうし。

先日書いたスマートフォンでいいんじゃないの、とも思ったんですが、
ケータイをケータイとして使う機会が減る社会人生活ではいいものの、
あのでかさは今は無理。

料金的にも、社会人なら払えるかなと思って魅力を感じていたので。

今の機種に不満もないので(赤外線通信ができないことをのぞけば)、
機種変の制約さえなければ申し込んでいたものを。。。。
(実際には、ソフトバンク同士なら0円だけど他社なら1分50円なんて高すぎ、等々ネガティブ要素が感じられたので、一概に申し込んでいたかどうか分かりませんが)


逆に、ということは、ですよ。


ソフトバンクは新しい機種を買わせて何をさせたいのか。


私としては噂のYahoo!ボタンがその答えではないかなと思います。

新スーパーボーナスでは最大2ヶ月間、パケットし放題。
この期間でYahoo!モバイルにはまってくれという意図が見えてきます。

「ヤフーが提供するコンテンツも0円」

という宣伝文句も気になりますし。

実際にYahoo!モバイルを使ってみたんですが、便利ですよ。
電車の乗り換えも無料で調べられるし、天気もタダ。

めっちゃええやん、これ。

と軽く感動した次第です。

ところで、テレビとインターネットの融合周辺について
色々とマスコミを賑わせていた話題はどこへ行ったのでしょう。

先日のGoogleによるyouTube買収の話もほとんど聞かれませんでした。

まぁ、著作権関連でまだまだ古くさい体制の日本では
盛り上がりに欠けるネタではあるのかもしれませんが、
海外メディアなんかを見ていると取り上げ方は大きいし、
今後の著作権問題等について面白い意見も出ていました。

やはりテレビとインターネットは融合していくだろうな
と私は信じていますし、今回のソフトバンクの動きを見て
デバイスとしての携帯電話とPCも融合していくんじゃ
ないのかなというような気がしてきました。

正確には、パネルの大きさが違うので、両者は完全には
混ざらないだろうけれども、ケータイでも今後どんどん
インターネットを通してPC並のサービスを実現できる
ようになってくるんじゃないかと思いますね。

特に動画。

ワンセグケータイはSB・シャープの目玉機種の一つでしょう。
この普及で、ケータイで動画を見ることがより一般化しそう。

個人的には使ったことがないので何とも言えないんですが、
今後世の中へ受け入れられていくことは十分考えられます。

Yahoo!にYahoo!動画のコンテンツが加わったのは、
私がソフトバンクの総合新卒会社説明会に参加した
9ヶ月ほど前です(孫さんが説明会で言ってました)。

これから先2年間を考えたときに、Yahoo!動画はコンテンツとして
もっともっと普及して、面白くなっていく可能性を持ってます。

というよりも、新しい機種を購入した人にとっては、
2年間ケータイを変更できないジレンマがある訳です。

それをコンテンツでカバーしないと、CSに響くし、
結局2年後にまた他社へ乗り移られかねない事態になるのでは。

とにかく、ソフトバンクの今後に期待しています。

Googleやソフトバンクがもうちょっと動画関連で改革してくれるでしょう。

とりあえず、コンテンツ単位で動画も購入できるといい。
月額いくら払って見放題って、その会社のコンテンツしか見られない。

色んな会社が提供しているコンテンツを見ようと思えば
いったい月いくら払わなきゃいけないのか。

iTunes Storeみたいに一カ所で色んなコンテンツを入手できて、
一つ一つのコンテンツもお手軽価格なら買って見たいと思う。

各テレビ局も過去のドラマとか売りに出してくれんかな。

まぁ、もうちょい先の話か。

あと上のようなことを考えていると、今後ケータイ向けコンテンツは
どんどん衰退していきそうな気がしますね。

例えば、もう月数百円払ってとか毎回10円払って、
ケータイで電車乗り換え案内や天気予報を調べる人はいないんです。

ヤフーならタダだから。

iモードによって牽引されてきたケータイ向けコンテンツ産業ですが、
今後ドコモがどういう施策にできるのか興味深いところではあります。

パスタ

| トラックバック(0)
061025_2_pasta.jpg 061025_1_pasta.jpg 061025_3_solt.jpg

先日スパゲッティが安かったのでまとめ買い。

カルボナーラ(左)と、
アンチョビパスタ(中)と、
ヨーロッパで買ってきた塩(右)です。

イタリアではパスタはプリモ・ピアット(第1の皿)と呼ばれ、
メインディッシュはその後のセコンド・ピアット(第2の皿)で
魚料理もしくは肉料理となっています。

また、前菜はアンティパスト(パスタの前)と呼ばれ、
生ハムやカルパッチョのような冷たいお皿と、
チーズの揚げ物や煮込みのような暖かお皿があります。

なので、日本人のように、飲み物も頼まずにパスタだけ食べに来る、
というようなことはイタリアでは考えられないことでしょう。

まぁ、私が作ったのはパスタだけですがf(^_^;;

でも、フィレンツェのユースで会ったイタリア料理好きの日本人大学生の影響で、なるべくイタリアのレシピに沿った作り方で作ってみました。パルメザンチーズも、レッジャーノというちょっと高いチーズを手に入れました。

これがうまい!!

今まで緑のパルメザンチーズをうまいうまいといって
大量に振りかけていた俺はなんだったのだと。

確かに癖があって、チーズが好きな人でも好みが分かれてしまいそうですが、それはそれでいいじゃないかと。

日本のコンビニ弁当のような万人向けの食事も好きです。
丼のようなオールインワンミールも大好きです。

でも、ヨーロッパへ行って、ちょっと贅沢をして
レストランに入ってきたかいはあったと思います。

それは、食事をする楽しさを改めて教わったこと。

向こうでは地域ごとに特色のある料理が出されてくるし、
同じ場所で同じ料理を注文しても店によって違ってきます。

そして、ジャブ・フットワーク・ストレートパンチのごとく、
コースで出されてくる料理に徐々に満たされていく満腹中枢。

イタリアに限らず、ヨーロッパの人は食事を楽しんでいるなぁと感じます。

外食という文化も違うかな。

日本の外食産業といえば、ファーストフードレストランや
ファミリーレストランなどに牽引されがちです。

こういったジャンクフード・冷凍フードで日本人の舌は
おかしくなってしまっているんじゃないかとすら思います。

考えてみれば、日本にはミシュランやZAGATのような
権威あるレストランガイドもありません。

まぁ、学生なのでそこまで食事にお金をかけてこなかったということもありますが。むしろ、安くてそれなりにおいしいものが食えればいいじゃないかと割り切ってきました。

ただ、年取ってしまえば食うものも食えなくなると思うと、
若いウチに食ったもの勝ちのような気がしてきます。

ちょっと高い食材を買っても、ちょっと高いレストランへ行っても、
それで幸せを感じ、日々の活力を得られるなら、
それはそれでいいお金の使い方のような気がします。

フィレンツェで会った彼は、

「最後の食事は6000円(60ユーロ=約9000円だったかな?)
くらい出して、本当においしいものを食べる」

と言っていました。

私は彼に

「そういうお店はね、料理だけじゃなくウェイターの対応もいいし、
雰囲気もいいし、最高の思い出になると思うよ」

と言っておきました。

日本にも素晴らしい外食文化が根付くことを願って止みません。

とりあえずは、早く自分でお金を稼ぎたいと思う今日この頃です。

バイト

| トラックバック(0)
今日は試験監督のバイトでした。

いつもは小6の模擬試験ですが今日は中3。
結構聞き分けが良くて、やってて楽でした。

それにしても疑問なのが、なんで中学生の女の子はあんなにペンを持つのか。
本当に30本近く筆箱の中に入ってて、今にも溢れ出しそう。

それも一人じゃなくて何人も。
何色もあるし、同じ色の違うペンも混ざっていたり。

そんなに文字を可愛く書きたいのか。。
男には分からんなー

そういえば、外国から絵はがきを送ったりしますが、
黒か青のボールペンで殴り書きですね。

女の子には不評なのか、、と試験中いらんことを考えてました。

その後は、一駅分を歩いて帰宅。
以前はバイクで通ってた道を初めて徒歩で通ってみました。

やっぱりバイクとは違う距離感覚があって面白い。
でも、バイクだったら断然楽なのになとしみじみ。

ちょうど事故で廃車にしてから1年です。

気になることと言えば、エロビデオの省略形はエロビかAVか。
友達の日記に書いてあったので、AVに一票投じておきました。

確かに、両方の呼び方が混在していて、両者を分ける違いは何か。
先日、運河橋を渡っていて納得のいく答えにたどり着きました。

そもそもアダルトビデオと言えば、成人向けビデオですよ。
それをエロイと思うかどうかは人次第。

でもね、全然エロさを感じないAVもあるんだよ!!!

逆に、服着ててもエロイ人はいくらでもいます。
例えば、リア・ディゾン。
http://ameblo.jp/leahdizon/

気持ち、女の子はAV=エロイものと考えてしまうのか、
比較的多くがエロビと呼んでいるように感じます。

まぁ、男にも多いけれども。
それは単純に略しやすいからか。

今後とも「それはアダルトビデオではあるけれども、
必ずしもエロイとは思わないぜ」という志を貫き、
AVと略していきたいと思います。

と、いうことを人様の日記のコメントに書こうかと思ったけど、
確実に変態扱いされそうなので、自分の日記に書いておきます(笑)

まぁ、あえて言い訳を言うならば、成人向けビデオをいつもエロイと言ってしまっていると、芸術として性を対象とするような映画とかまで「エロイ」という範疇に入れてしまいそうで、その辺を区別しておきたいかな、と。はい。

多分きっとバイクでさーっと帰ってきたらこんなくだらないことも考えないはず。散歩をすればするほどいらんことばっかり考えそうで怖いw

スマートフォン

| トラックバック(0)
061019_1_smartphone.jpg
昨日は学校帰りにソフトバンクのX01HTを見てきました。

まず驚いたのが、コンパクトさ。

写真で見ているとちょっと大きいかなと心配してたんですが、
しっかりと手の中に収まる形をしてました。

画面もきれいで、操作もしやすそう。
(実際に動かせるサンプルはなかったのですが)

これはかなりいいですわ~

就職してからの通勤時間の使い道が気になっていて、
こういうので手頃にメールを読んだりウェブにアクセスしたり、
小さいけど溜まっちゃいそうなことができると助かります。

何年もずっとPDAが欲しい欲しいと思ってました。
海外では人気があるくせに、日本では全然流行らなくて悔しい思い。

安くもならないし、使い勝手もなかなか向上してませんでした。

今回のソフトバンクでの新製品を受けてもっといい製品がでてくれると嬉しい。海外では、BlackBerryなどビジネスマンの間ではかなり普及しているみたいですしね。

更にはこんな記事まで書かれています。
http://japan.cnet.com/news/biz/story/0,2000056020,20278087,00.htm

職業柄、開発環境が必要となってくるので、PCを手放すことはないでしょうが、ネットとメールの為にPCを持っているという人には嬉しいニュースですね。文章作成とかは仕事場のPCでやればいいし、PCの自宅ユーザー市場が変わってきそう。

シャープもウィルコムからスマートフォンを出してますが、
もっともっと日本製のスマートフォンも出てきて欲しいです。
http://www.itmedia.co.jp/enterprise/mobile/articles/0606/12/news010.html

ノキアのデザインは好きなんですが、
あのごつさではちょっと馴染めません。

その辺をきめの細かい日本メーカーに期待。
ちなみにX01HTを発売したHTCは台湾メーカーです。

とりあえずまた来春にでも新しいラインアップがそろいそうなので、その時にケータイを変えます。今のケータイ(V804SS)も薄くて好きなんですが、赤外線通信ができないのがイタイ。

本当のところを言えば、ソニーのmyloみたいにSkypeで音声通話もやって、定額で使えるケータイが出てくれたら嬉しい。でもそれは携帯電話ではないなw
http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000056025,20278407,00.htm

なお、スマートフォンについてはこちら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%B3

http://en.wikipedia.org/wiki/Smartphone (英文)

準備

| トラックバック(0)

おそよ半年ぶりの更新です。最近はミクシィの方にしか書いてません。もともとホームページを開設した目的がネットを通してコミュニケーションというか、近況報告のようなものをやりたいということでした。また、文章を書くことで内省的に自分を振り返りたいという目的もありました。前者については、ミクシィが完璧な形でやってくれているので、もう近況報告とか日記的なものは全てミクシィでやっていくつもりです。後者については、このサイトでちょくちょくやっていけたらいいなと思っています。

NY飲み会

| トラックバック(0)
飲み会のため、ニューヨークまで行ってきました。

嘘です。

ニューヨークのホステルであった関東メンバーと飲んできました。

久々に1時台に帰宅。

始まるのもちょっと遅かったけど、
話は尽きず、終電一歩手前くらいまで盛り上がってました☆

普段周りは学生ばかりなのに、今日は学生は俺一人。
ちょっといつもと違った感じということもあり楽しかったです。

あと、ちょっとショックだったのがお酒が弱くなってたこと。

う~ん、もともと下戸だったけど、
更に弱くなるなんてあり得ないでしょう。

僕のサラリーマン人生が心配です。

でも、きっと飲めなくてもこのメンバーならいつでも飲みに行きます。
いい一日でした。

自己採点

| トラックバック(0)
昨日の試験の自己採点をやってみたものの、
やはり午前試験の結果が合格点に足りなそう。

来春リベンジせねば...

とりあえず、今日は24を借りてきたので、
コーヒーでも淹れてまったり夜を過ごします。

一日遅れの日曜日。

意志と実行

| トラックバック(0)

1.留学について その3

ここ1年ほど、「実は留学してまして」と人に説明する機会が多かった。就職活動を通して留学体験をアピールポイントにしていたし、研究室や一人旅、内定者懇親会等で初対面の人との自己紹介でよくこの話題を取り上げていた。帰国した当初は、「本当は向こうの大学で卒業までしたかったんだけど、これこれこういう事情で。でも将来的にはこういう事も考えていて...」と聞かれてもいないことまで答えていた。これは、当時はまだ帰国するという決断に納得がいっていなかった部分があったからだ。しかし、最近では単に過去の出来事としてうまく説明できているように思う。

基本情報技術者試験

| トラックバック(0)
今日が試験でした。

午後試験はかなりいい感じで解答しているはず。
だからこの時間に家に帰っているわけですが。

問題は、午前試験。
計算問題とか、情報系らしい問題はもらさず解答できたと思う。

ただ、「情報化と経営」とか「システム開発」とか、
実際に働いてないと分からないような問題はさっぱりでした。

まぁ、参考書で覚えられる範囲の所は何とかしましたが、
如何せんその他の所は鉛筆転がすしかないですね。

古っ

ちなみに、解答はすぐにネットでアップされるそうです。
この辺はさすがですね。

でも、午前試験は項目応答理論とかいう考え方に基づいて採点されます。
TOEICとかの採点方式のあれです。

そのため、自己採点しても合否が分からず。
(午前・午後ともに600点以上で合格)

結局合格発表まで首を長くして待つしかない!

さて、先日いい参考書をと思って丸の内の丸善まで足を
伸ばしたんですが、ついつい色んな本棚を巡ってしまい、
CSS関連のよさげな本をいくつか発見。

[1] 『CSSプロフェッショナル・スタイル』(大藤幹著,毎日コミュニケーションズ,2005/12)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4839919070/sr=1-9/qid=1160893795/ref=sr_1_9/250-5537731-3062622?ie=UTF8&s=books

[2] 『CSS Zen Garden Book』(Dave Shea & Molly E. Holzschlag著,毎日コミュニケーションズ,2006/9)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4839917965/sr=1-3/qid=1160893795/ref=sr_1_3/250-5537731-3062622?ie=UTF8&s=books

[1]の方はちょっと前だけど、全然問題ないでしょう。アマゾンの評価も高いみたいですし、実際に手に取ってみて分かりやすい&それなりにボリュームありです。その上、この著者の人の本は結構お薦めなものが多い。手元にも1冊あります。

[2]については、アメリカからの翻訳本ということで、技術的な所では申し分なし。さすがWWWを生んだアメリカです。ちなみにこのサイト(http://www.csszengarden.com/)に投稿されたCSSデザインを元にしているみたいです。「完全な技」って。。。

こういった本を見て、「ついて出たかー」と思いました。
というのは、2年くらい前に日本でXHTML&CSSによる
ウェブサイトデザインがかなり流行りました(所感では)。

つまり、ホームページの文章の論理構造をXHTMLで、
見栄えに関する設定をCSSで記述しようというものです。

当時は、XHTMLの考え方に注目が集まっていて、
「ちゃんとタグ付けしよう」という事で盛り上がっていたように思います。
(SEOの事もありましたし。
 また、ブログもこの考え方に沿ったものもが多く、
 ちょっと手を入れようと思うとこの辺の知識が必要だったわけです。)

そして、CSSに関しては、当時使われていたものをそのまま
紹介するだけの段階だったように思います。

その後、XHTML&CSSが普及し、
まずはXHTMLの考え方が受け入れられました。

その次の段階として、CSSに関して様々なアイデアが出ては吟味され、
昨今、本にまとめられるようになったのだと思います。

当時は、私も自分のサイトをXHTMLで制作し直したものです。

ちょっと込み入った話にものなりましたが、
早い話が、最近の技術を使って、かっこいいホームページを
作ってやろうとちょっと興奮しているということ☆

しばらくは本当に自分のためにパソコンに向かいそう。
試験も終わったし、卒論とウェブサイト構築が当面の趣味ですw

最近はまっているもの

| トラックバック(0)
1.Perl
"Practical Extraction and Report Language"
    (実用データ取得レポート作成言語)

とも、

"Pathologically Eclectic Rubbish Lister"
    (病的折衷主義のがらくた出力機)

とも呼ばれる、プログラミング言語です。

昨年の選択言語の授業で2週間で詰め込み、
プロジェクト課題のためになんとなく使っていた言語。

卒業研究に使うので、本を買ってガツガツ勉強してます。

ちょうど先日の研究発表に使うデータを取るために、
正規表現やらモジュールやらを、銀行が閉まる5分前に
駅について急ぎ足で歩いているような気持ちで、詰め込みました。

使っているうちにスキルも上達して、結構楽しい。
細かいことに色々と気を遣わなくていいし。

あと、CGIっていうWeb上のプログラミングも
この言語を使って記述されることがよくあります。

そんなこんなで、上達したスキルでサイトのアルバムを書き直しました。
URLはトップページ。

ちなみに、mixiも拡張子を見るとPerlで構築されてるみたいですね。
.plはPerlで書かれたファイルです(home.plなど)。

でも、先日の内定式で言われたのは、

    「Perl?使わないね~」

2.24
キーファー・サザーランド主演のアメリカのサスペンスドラマ。

これまで、実家に帰ってはシーズンごとにまとめて観てたんですが、
やっと最新のストーリーに追いついて、泣く泣くTSUTAYAでレンタルしてます。

1泊2日で\420はありえないですねー

でも、ついつい観てしまう面白さ!

個人的に一番好きな所は、主人公ジャックの判断力です。

事件の1歩先2歩先を追いかけるジャックの判断力は、
まさにプロフェッショナルです。

はじめはテンポの早さについて行けませんでしたが、
慣れて、ちょっと離れて観ると、これはかなりすごい。

テロが迫り来る緊張感の中で、適切な判断を下していく姿は、
上司にしたい有名人No.1です。

もちろん、ストーリーや登場人物の設定も巧みに仕組まれていて、
シーズン5に突入しても飽きさせません。

そんな僕に、先日友人が尋ねてきました、

    「24?あぁ、あれって二十四じゃないんだ?」

フォレスト・ガンプ

| トラックバック(0)
ゼミ発表が終わりました!!

先生方の機嫌がよかったのか,笑顔でアドバイスをもらって
いつもより早く終わったような気がします.

というわけで,句読点の変換も通常に切り替え~

ゼミ発表も残すところ1回、
中間発表も1回、
最終発表も1回、

と、卒業がもう目の前に迫ってきたような気がします。

そんなことを考えていると、ふと知らないところへ行ってみたいなという心持ちになりました。海外じゃなくていい。遠くでなくてもいい。徒歩や自転車で地面の連続性を感じながら、知らないところへ、ただ行ってみたい、ただ歩いてみたい。不思議とそんな気持ちになったのです。

フォレスト・ガンプを思い出しました。何も考えずに家を飛び出して走り続け、合衆国を何往復もしてしまった主人公の気持ちが分かるような気がしま す。8000円くらい持って、国道6号を歩き、おなかが減ったら何か食べ、夜が来たら漫画喫茶で一眠り。2,3日そんな事をやってみてもいいのではない か、と真剣に考えていました。

こういうことってないですか?

ちなみに、どしゃ降りなので今日は断念しましたが。

ただ、現実逃避ではなくて、今日のゼミ発表のことがずっと気になっていて、ここのところ毎日プログラミングをしたり論文を読んだりという生活でした。そういった緊張が「ふっ」と消えて、心が自由になってしまった感じ。

まぁ、10日後には基本情報技術者試験、1ヶ月後には次回のゼミ発表があり、来月のTOEICも申し込む予定なので、うかうかはしていられないけれども。

でも、次の発表が終われば1週間、韓国へ行く確率は50%。

11月後半は厳しそうなので、行くとしたらその辺かなぁ。
マイル特典の航空券も少ないマイルでもらえるようなので。

行こうかなぁ

行っちゃおうかなぁ

toeic

| トラックバック(0)
今日は内定式。
TOEICを受けて、ぶ厚いコンピュータの本をもらう。

また、座席図として内定者全員の名前が乗った用紙ももらう。

うーん、どれくらいの人と話しただろう。

総内定者49人となかなか多いので、
こういった顔合わせの度に、どんどん仲を深めていきたい。

その割に、2次会不参加で帰宅しましたが。

すいません、明々後日がゼミ発表なのです(><)

そう、今日一つショックだったのがTOEICで
俺よりも20点多くスコアを取ってる人がいると知ったことです。

やっぱり、上には上がいるな~

負けじと勉強をしなくては。

今日のtoeicでも語彙の無さが響きました。
聞き取れないとか、文法が分からないんじゃなくて、

「この単語、知らないわ」

ということがちょくちょくありました。

多分、英語の経験値的には結構高いレベルに到達しているはず。
それをtoeicという枠の中で発揮するために、
足りないものを補い、万全を期さなくてはなりません。

何よりも、情報系出身者がそれなりに多いようなので、
そういった中で自分を差別化するためには、英語しかない。

多分、孫子とかもそう言うことを言ってそう、たぶん。。。

社内においても英語の需要はあるようなので、
自分に求められているものをきちんと供給すること。

その上で、色々と物言える社員になっていきたい。

休日

| トラックバック(0)
久々に休日というものを味わった。

ちょっと遅く起きて、お昼まで家の事をして、
食べたいものを食べて、外を散歩。

来週は月曜に内定式、木曜にゼミ発表と気を抜けない1週間。
特に発表までは気持ちが張りつめているでしょう。

でも、発表が終わったらちょっとリラックスしたいなと思い、
ダリ回顧展へ行って上野を散歩しようと予定を立てる。

そうだ、あの本を買っておこう。

ヨーロッパを散々歩き回って、もっと東京を歩いておけばよかったと思った。

プラス

建築科の後輩が『建築MAP東京』を持って毎週都内を歩いているという
話を聞いて、俺もやってみたいなと思っていた。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4887062206/sr=8-3/qid=1159635689/ref=sr_1_3/503-4046595-9496722?ie=UTF8&s=books

そんなわけで、mini版を購入。

やっぱりただ歩くのではなくテーマを持って歩くと面白い。

建築はど素人だけれども、自分にはないデザインだとか空間性という要素を勉強していくことも、何かの役にはたつっしょ。

ただ、この本、ガイドブックな訳で、建築を教えてくれるわけではない。

教科書ほどの本ではなくて、私にとって建築とはこういうものであるというのを素人向けに書いた本はないのか。そして、その著者の意見に対して、納得したり反論しながら、建築マインドをちょこっと育てられたらな、と思う。

そういう訳で、

『安藤忠雄 建築を語る』
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4130638009/sr=1-4/qid=1159636429/ref=sr_1_4/503-4046595-9496722?ie=UTF8&s=books

を購入。

はい、4千円。。

手痛い出費です。

古本で買いたくない類の本だったし、内容的にも興味をそそる本なので後悔はしていませんが。

なによりも、この本のおかげで休日らしい休日を送ることができました。

来週の発表のため、今週は自宅・研究室で試行錯誤を繰り返していた訳なんですが、ふさぎ込んでいてもダメだなと思い、今日は外に出てこの本を手に取る。

そして、部屋の窓を全部開けて、自然の光と風の中で読書をする午後。

休日らしい...休日らしいなぁ、と思いながらいい1日を過ごしました。

感謝。

ご案内

月別 アーカイブ

ブログパーツ