2007年2月アーカイブ

やっと

| トラックバック(0)
卒研発表が終わり(15日)、
卒論を提出し(20日)、
引越し(26日)の準備に追われています。

卒業研究を終えてみて、ひねくれた意味ではなくて、
ある種悔しくて「卒論は卒論でしかないな」という感じでした。

論文等を読んでいると、とりあえず最初は内容が分からなくて、
内容が分かるようになってくると、アイディアが浮かんできて、
でも、それを実装しようとすると相当難しいことが分かったりして。。。

前に友達(理系)が言ってたけど、

    卒論は頑張ったで賞、

    修論は努力賞、

    博士論文は本当に意味のあるものを書かないといけない

そうです。

一通りの「研究の流れ」を勉強できたことが卒論の収穫。
修士に行くなら行くで、改めて面白そうなことができそう。
そういう予感を感じるくらいは頑張れたかな。

まぁ、就職して仕事に生かします。

さて、明後日には引越し。
夜行バスで香川に帰って、金曜から11日間、韓国へ。

ただ、卒論の締め切りにいっぱいいっぱいで何も予定が決まってませんw

とりあえずチケットは取ったけど、どこ行こーって感じ。

今は今で引越しが迫っているので、実家に帰ってゆっくり考えます。

というか、以前PC(ラップトップ)にワインをこぼして
しまって、キーボードが一部打てません(涙

研究室からPCを借りてきてなんとかしのいでいましたが、
そのPCも返却してしまったので使いづらくてしょうがない!!

しかも、メールのデータだけ移し忘れて去年の11月8日以降の
メールデータが全てなくなってしまった.........

情報収集もままならず、大事なメールを消してしまったかもしれないという不安にさいなまれつつ、一人黙々とダンボールに荷物を詰めている次第です。

漫画は...

| トラックバック(0)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?id=158211&media_id=2

家のベッドで横になって読むのが一番!!

漫画喫茶は何度か利用したことがありますが,どうも落ち着きません.

実家に帰ると,子供の頃から父子で集めた数千冊の漫画があって,
部屋のベッドで読んでいると最高に幸せな気分です.

さて,昨日は卒論発表の練習でした.
教授と助手の先生に見ていただき,GOサインがでました.

久々の発表の上,この両先生にこういった形で見てもらうのは最後なので,
どんなツッコミが入るのかも予測できず,かなり緊張でした.

ふたを開けてみれば,やった分をしっかり評価してくださり,
それ以外の部分はある程度目を伏せてもらったように思います.

おかげで気を楽にして,堂々と本番で自分の研究を発表できそうです.

それが終われば一段落!
今月末が締め切りの卒論もそこそこ完成しています.

昨日は,終わったら何しようかと妄想ばかりしていました.
きっと漫画あったら,ベッドに寝転がって延々と読んでいたことでしょう.

ただ,こうやって研究に打ち込むのもあと一週間なので,
実験の評価の仕方を改善したりして,いい考察をまとめたい.

最後に,今月の16日に『まじっく快斗4』が発売されるそうな...
13年ぶりの新刊ですよ
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%81%98%E3%81%A3%E3%81%8F%E5%BF%AB%E6%96%97

5点

| トラックバック(0)
070205_1_toeic.jpg
あと5点でリスニングは満点でした.
最高スコアが5点伸びました.

実際,新TOEICのリスニングは,内容的にやさしくなってます.
そのぶん訛りのバラエティが増えてしまったんですが,
色んな国のユースに泊まってきた経験からか,意外と大丈夫.

たまに,「えっ,なになに?もう一回ゆって」的な問題もありますが,
多分慣れれば新TOEICのリスニングは簡単です.

ライティングは今まで以上に「早く正確に解く」ということが
求められているんじゃないでしょうか.

語彙がちょっと難しくなって,問題量・文章量が増えました.

長文なんかは,先に問題を読んで答えに当たる部分を
正確に探して解くという受験的なテクニックなしでは完答はきついですね.

こういう解き方はあんまり好きじゃないんですが,まぁ仕方ない.

次回,入社前の最後のTOEICで900後半へいってみたい.

アビエイター

| トラックバック(0)
2作連続でディカプリオ+スコセッシ作品です.

誕生日ということで,ピザも頼んでまったりお昼.
3年前のアメリカで迎えた誕生日を思い出しました.

170分と長い作品ですが,結構好き.

ディカプリオの役柄への熱の入り様も伝わってくるし,
ハワード・ヒューズの人生のハイライトをいい感じで
映画化してるな~って思います.

多分,幼少期とか後年の話とか,映画に盛り込めるストーリーは
たくさんあったはず.
それをばっさりと落として,ちゃんとまとめられてるなって思います.

それでも170分ですけど.

あと,今春から片足を航空業界に突っ込むことになるので,
ハワード・ヒューズの伝記とその周辺を調べてみたいなーとか.

日本で伝記っていうと教養的な感じで,
大人になった人が読むものじゃないって思われがちな気もします.

でも,アメリカの本屋へ行くとそれなりのスペースを占めていて,
先人から何かを学ぼうという意識が感じ取れます.

特に,歴代の大統領とかアントレプレナーに関する本は多いですね.
あと,キング牧師とかガンジーみたいなリーダーも.

4月からの新生活に向けて何か準備をしなくてはという気持ちです.

とりあえず,9日(金)の卒研発表の練習を終え,
15日(木)の本番を終え,卒業論文を提出すれば,
晴れて大学生活ともおさらばです.

ひとつのライフチェンジがあるこの1年を,
手を抜くことなく走り切ってみたいなと思う誕生日でした.

ディパーティッド

| トラックバック(0)
卒論執筆中の身ですが,今日は映画サービスデーということで,
映画館まで足を運んできました.

まぁ,徒歩5分程度なもんですが.

大好きな俳優二人の共演にかなり高まる期待!

がらがらの映画館の最後方中央に
どかーっと座って観てきました.

率直な感想としては,期待以上ではなかったな,と.

レオとマットのからみのシーンも最後だけだったし.

ストーリー的にはなかなか面白いものでした.

リメークもとのインファナル・アフェアは第1作しか観ておらず,
内容もほとんど忘れていたので,今回,新鮮に観ることができた.

ただ,やっぱり3部作を1作にまとめたせいもあってか,
内容的には薄い,心に残る映画とは言えません.

おすぎが「アカデミー賞を取るような映画ではない」って
言っていたのも納得.

ただ,音楽はなかなかの感じやったので,
これから観る人はぜひぜひ耳をすませて鑑賞して下さい☆

ご案内

月別 アーカイブ

ブログパーツ