2007年7月アーカイブ

マスタースケジュール

| トラックバック(0)
火曜日に新人研修が終了して、配属決定。

希望した部署への配属となりましたが、あと1か月の部署研修となりました。

アドリブのきかない僕としては嬉しい反面、
早く働きたいなーといったところ。

とはいっても、新人主催のパーティがあったりして、
何かと気疲れやら、プレゼン準備での睡眠不足がたたってか、
金曜から熱が出て、やっと体調が回復してきました。

自己管理をあなどってはいけない。

さて、今年の後半戦もはや2週間。
ちょうど明日から今月の後半で、なおかつ、月曜日。

いい折り返しはできそうか?

今週1週間、色々とこれからの半年(5.5か月)で何を成し遂げたいか考えてきたところです。

プロジェクト演習の甲斐あってか、TOEICや資格といった目標に対しては、
達成のためのWork Breakdown Structureがクリアーに見えていて、
スケジューリングも何となくイメージできてきました。

しかし、目に見えない目標、例えば自分がどうありたいかというような目標に対しては、半年の成果を測るメジャーっていうのも考えどころf(^^;

まぁ、スキル的な評価はなんとでもなる。
こういう考え方を理解しているか、など。

でも、うまく言えないが、そういった必要条件よりも十分条件をみたい。

こうあるためには、こういうことが必要で、それを身につけているかどうかの判定は比較的容易にできるけれども、必ずしもそれだけでもともと目標を達成したとは言えないわけで。

そもそもその目標が周囲とずれていないか、なにより自分自身の軸と方向がずれていないか、その上でaccelerateできているか、等々。

タイムマシンに乗って過去の自分を振り返ることができたらいいのにw

まぁ、事前に点と点を結ぶことは不可能。
ならば、今に一生懸命になって、大きな点を残していこう。

サプライズ

| トラックバック(0)
先週の悔しさを抑え、仕切り直して出社してきました。

周りを見ても、研修の山場を乗り越えたことで安堵の様子。

久しぶりに定時に帰ろうとすると呼び止められる。

チームのメンバーが集まっていて
何かと思うとネクタイをプレゼントされました。

いやいや、まさかまさか。

あまりの驚きにちゃんと喜びを伝えられなかったかもしれないが、
めちゃめちゃ嬉しかった。

ネクタイなんてプレゼントされること自体が生まれて初めてだし、
リーダーになったチームからこんなサプライズをもらえるなんて最高!

そして、同時に悔しさが燻り返す。

いや、燻るなんてもんじゃないけれど。

今回の研修では仮想のお客様相手ということで、それはつまり自分たちが作りたいと自分たちに約束したプロジェクトを達成することが目標だった(と 思う)。プロフェッショナルな視点からすれば、最優先スコープである締切までにシステムを納品することが至上課題。そのために切るべきものは切るという決 断をしていかなくてはならなかったのだけど、ここで諦めたらこれから先簡単に諦めてしまうんじゃないか、プログラマとしてありきたりのものではなく、付加 価値の高いシステムを構築しなければそれはやる意味がないんじゃないか、などとプロとアマの間を揺れ動き、何よりも早い話が両方達成するにはどうすればい いか悩んできたわけで、最終的に必ずしも納得のいく結果に結びつけることはできなかったわけです。

やっぱり悔しい、本当に悔しい。

でも、今日の出来事がなければこの悔しさも忘れてしまっていたかもしれない。

決意を表明するならば、

    私は5年以内にプロジェクトマネージャーになる。
    それも超一流の。

学生の時は、つまり、研究者としては、他の研究を少しでも越えなければ意味のない研究、システムだった。

でも、この世界でこの法則は必ずしも通用しない。

やるか、やらないか。

この悔しさをもってやらないわけにはいかない。

悔しい男が1人

| トラックバック(0)
この金曜で6週間のプロジェクト演習が終了しました。

terribleなプレゼンテーションだったものの、
なんとかシステムをアピールして、
久々に開放的な週末を迎えるはずでした。

金曜は肉体的な解放から軽くテンションが上がっていたものの、
土曜の朝からベッドの中で「なぜここをこうできなかったか」という悔しい想いばかりが溢れ出てきました。

とりあえずノートに書き出してみたり、
松戸の湯楽の里まで行ってアカスリコースでリラックスしたり、
東京に配属になった友達とご飯を食べたり、土曜は動いてみました。

プロジェクト終盤から気になっていたことだけれども、
やっぱり決断力って大事だなと思ったり(http://www.shigephilo.com/essay/008.html)、
どうせなるならプログラマよりPMがいいなと自分の志向性を再認識したり。

実りある研修でした。

明日・明後日は研修最後のオリエンテーションということで、
PCの設定など仕事を始めるための準備をするのでしょう。

この研修が始まって、社会人になってやっておきたいことにいろいろと挑戦しました。

朝型スタイルに切り替えるなど継続しているものもあれば、
タイムマネジメントなど、座学研修では大して意味のないと感じたものはやめてしまいました。

仕切り直し。

社会人として成長するために必要なものを洗い出して、しっかりと身に着けて行きたいです。

決断力

| トラックバック(0)

入社して3ヶ月。新人研修の目玉である6週間のプロジェクト演習が終わった。この演習では8人チームのリーダーの役割を担い、仮想のお客様に向けてのシステムの要件定義から外部・内部設計、開発・テストという一連の流れを経験した。このプロジェクトを通して学んだことは山のようにあるが、その中でも特に決断することの重要性を痛いほど感じた。

ご案内

月別 アーカイブ

ブログパーツ