京都1日目

| トラックバック(0)

以前の日記にも書いたとおり、京都小旅行をすべく、まずは松戸駅へ。青春18切符を駅員に見せ判を押してもらうと、「いってらっしゃい」と見送られる。見た目20代前半の男が大きなカバンを抱えて18切符を使おうというのだから、それなりの一人旅を想起させたのだろう。「いってらっしゃい」の声が嬉しかった。まずは上野駅へ常磐線で上り、山手線を使って東京駅へ。東海道本線に乗り込み、時刻表を広げる。後発の快速アクティーの方が熱海駅へは先に着くことが判明し、大船駅で乗り換える。実は、出発に手間取って昨日想定していた電車には乗れず、とりあえず成り行きで電車を乗り継ぐことにしていた。熱海駅で乗り継ぎ時間1分、富士駅で11分、浜松駅で1分、米原駅で6分とスムーズに電車を乗り継いで行く。しかし、乗り継ぎ時間が短すぎたので、始発駅なのに座ることができないことがままあり、気持ち的にも疲れる。18時15分、京都駅到着。

京都駅で、無事到着したことを友達に知らせようとケータイで写真をとる。しかし、合宿の疲れもあってか、宿へ向かう市バス5系統で写メールをする元気はない。四条通を通るバスの中で、結構にぎやかなんだなぁと思う。漫画喫茶も見つけ、後日メールチェックに訪れようと考える。天気は雨、ぱらぱらと。美術館前で下車し、カバンから折り畳み傘を捜すのが面倒で雨の中宿へ歩く。バス停のすぐそばに巨大な鳥居があったが疲労のため興味なし。その鳥居を背にし、最初の交差点を右へ曲がる。しばらく歩くが宿が見つからない。宿のホームページにあった地図を印刷しており、それをよく見るがいまいち分からず。仕方なく、宿へ電話。テレアポバイトの影響もあって電話での言葉遣いにはうるさいが、この電話に出た男性は合格。いい宿なんだな、と安心する。しかし宿までの道筋の案内が下手で、とりあえず来た道を引き返す。どうやら最初の交差点を右ではなく左へ曲がるべきだったらしく、難なく宿を発見し、チェックイン。朝とりこんできた半乾きの洗濯物を干し、近くのコンビニへ。夕食は京都駅で済ませてきたので、明日の朝食と飲み物とKansai Walkerを購入し宿へ戻る。大浴場があるとのことで、早速入浴。修学旅行生の利用もある宿らしく、結構広い。雨に打たれた身体を癒す。やっぱり大浴場はいい。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://dive2me.namaste.jp/mt/mt-tb.cgi/362

ご案内

月別 アーカイブ

ブログパーツ