お楽しみ

| トラックバック(0)

11日(月)から本日13日(水)まで軽井沢へE.S.S.の合宿に行っていた。正直行く前はあまり乗り気ではなかった。というのも、「言ってることとやってることが違う」症が出てきてしまったから。実は、9月からの留学は実質的に不可能になったという旨の雑記を以前書いたが、7月末には出願した大学から合格通知が届いていて、9月留学の少ない可能性にかけてみるつもりだった。留学アドバイザーとアポイントメントを取ってVisaエージェントを紹介してもらったりしていた。でも、実際にいろいろ「やります!」と口では言うのだけれども、すぐに行動を起こさなかったり、後手後手の対応ばかりしていた自分が気に食わなかった。頭の中では「ああすればいいんでしょ。こうすればいいんでしょ。」と思うのだが、行動になかなか移らない。

言い訳じみたことを書くが、合格が決まったといっても9.11テロの影響でちょうどこの8月からVisa取得に領事との面接が必須となったらしく、それだけ取得には時間がかかる。だから、半分あきらめモードになっていて、やってダメだったと失望するのが怖かった。また、終わってないレポートが2つもあって、締め切りも過ぎてしまったので気になってしょうがなかった。どうしても、2つ以上やることがあると、どれを選ぶかという選択に戸惑って、1つのことに集中的に取り組めない。ここでも「言ってることとやってることが違う」症が出た。順番に一つずつやっていけばいいと思うのだが、できない。今こっちをやっているけど、あっちもやんなきゃいけないのになぁ、とあたふたしてしまう。これは甘えである。自分をしっかりコントロールできていない。この弱点の克服を休学中での課題に挙げたいと思う。

話が少々逸れてしまったが、こういった具合に自己嫌悪に陥っている時に合宿の日程が迫ってきた。自分はちゃんと自分のやるべきこともやっていないのに、こんなに遊んでいていいのだろうか、と強く自分に嫌疑感を感じた。結局は合宿に参加したのだが、E.S.S.のメンバーのおかげで前向きな気持ちになれた。自己嫌悪から立ち直れた。それだけ今回の合宿が楽しかった。

初日はプールで泳いだ。流れるプールにウォータースライダー、競技用プールもあった。大学へ入学してから初めてのプールだった。少々曇り空だったが、にぎやかで水が気持ちよかった。久々に50mを泳いだ。しかも、チームに分かれてのリレーで。小学校の頃には、スイミングスクールに通っていたり、水泳部に所属していて町や郡の大会に出場したりと、実は水泳経験者。それなりに自分の役割を果たし、我がチームが勝利した。3チーム中、最下位チームは夕飯での給仕係が課せられ、いいように使われていた。これがなかなか楽しかった。おかわりに走らされ、なかなか食事が進まなかったようで。翌日が恐い。夜はみんなで花火をした。わいわいやって、いっぱい笑った。花火そのものよりも、大人数でこうやって時間を共有するのが本当に幸せだった。

次の日、午前中はE.S.S.らしく英語でゲーム。軽くdisをして、ビンゴで遊んだ。午後は、体育館を貸し切ってバスケとバレー。昨日のチーム編成のままで、最下位にはまた罰ゲームが課せられるとあって皆必死。バスケはやっぱり体力が持たなかった。2戦とも半分の出場のみで、あまり力になれず。それでもチームは1勝1敗と2位。バレーは元バレー部員の1年生がいてサーブははずさない。ローテーションでポジションを代わりながらプレイしたので非常に楽しくもあった。楽しみながらやる事が大切だね。結果、バレーも1勝1敗、総合2位と最下位を逃れる。1位は昨日最下位のチームだったので、今日の夕飯も楽しくなりそう。体育館を後に、やりたい者同士で民宿で卓球をやる。中学校の時に、体育の授業で卓球は熱心に取り組んでいたはずが、1勝もできず。E.S.S.内で、卓球は弱い方だと知り、何なんだこの部活は、と思う。夕食を取り、今度は温泉へ。広い浴槽は非常にいい。開放的な気分になれて、心が安らぐ。露天風呂もあって肩に吹く夜風が心地よく、お風呂の熱との調和が何とも言えず。サウナから水風呂へと一瞬締まる皮膚も内からの熱でおだやかに緩む。一人暮らしで狭いバスをずっと利用してきたが、たまにはこういう所へ行くと心から落ち着いた気分になれる。また来よう。その後、民宿へ戻り飲み会。お酒は弱く、1時30分頃には床につく。みんな、3時頃まで楽しんでいた様子で。

最終日、朝食を取り、民宿のご主人と記念撮影。渋滞を見込んで、予定より1時間早く10時にバスで民宿を発つ。軽井沢駅前の軽井沢ショッピングプラザに寄り、お買い物タイム。全身筋肉痛の中、お土産を物色した。この時既にあくびをしただけでも胸の筋肉が痛む状態。本当はここで、みんなと別れて電車で京都へ向かう予定だったが、一度柏まで戻り再度旅行の準備をすることにした。体力的に無理そうだったので。午後5時には柏に到着し、なぜかビリヤードへ行くことに。いや、私が誘ったんだけどね。この合宿でバスの隣に座ったりと、気の合う同学年の新入生と親交が深まった。ビリヤード未経験という彼を誘って、柏で1時間遊んだ。何人かの部員とも一緒にビリヤードを楽しんで夕食を共にし、帰路へつく。

さぁ、これだけ楽しんだんだから今度は自分の番、という気持ちになった。それも積極的に、だ。やはり一人で何かに取り組んでいると、どうしても前向きさというか動機付けを維持しづらい。今回、この合宿を通してリフレッシュした気分になれた。誰かと時間を共有する、交わるということは、自分に向かっている関心を相手に向ける作用がある。そして、再び自分を対峙する時、以前とは異なった視線で自分を見つめることができるように思う。自分一人で無理しすぎないようにしよう。

トラックバック(0)

トラックバックURL: https://dive2me.namaste.jp/mt/mt-tb.cgi/363

ご案内

月別 アーカイブ

ブログパーツ